読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球防衛軍 第2広報課

あばよ涙、よろしく勇気!START ALL ENGINE!ここからが本当の戦いだ!!ヒーロー大好きな彼奴らが、性懲りも無く超短期間で恥もせず帰って来ました!!よろしくお願いしますっ!!

第01話[満月の咆哮]

その日は、よく晴れた満月の夜だった。

「まさかこんな時間になるとは…」

ファミレスで友人の悩み話を聞いていたカナトは、帰り道を急いでいた。もう直ぐ日付が変わる。一人暮らしをしている彼女にとって、それを責めるものは誰1人いないのだが…いや、1人うるさいのがいた。幼馴染のジンだ。

昔は自分の方が心配してばっかりだったが、中学の頃からたくましくなり始め、高校生になった今では兄のように接してくる。

ただ、その関係に不服はない。いや本当は自分の気持ちに気づいて欲しいと思わないでもないが、鈍い彼が変に意識するよりは、この関係を続けていたいのだ。

「心配されるのは嫌じゃないんだけど、同い年に門限で怒られるのはね…」

それだけ大事に思ってくれてるってことなんだろうけど、正直恥ずかしいし、迷惑をかけたいわけじゃない。

大通りを通れば、確実に0時を過ぎる。その前に着くには、人気のない薄暗い公園を抜けるしかない。

「ジンに怒られるから夜は通らない約束だけど、遅くなって怒られるよりかはマシだよね…」

何年かぶりに通った夜の公園は、まるで異世界のような不気味な雰囲気を醸していた。

あたりに人気はなく、強めの風だけが恐怖を掻き立てるように吹いているだけだった。

しかし、それが余計に恐怖を掻き立てる。急がなくていいのに勝手に早歩きになる。

トンネルを抜ければ直ぐに出口が見える。ホッとしたその瞬間だった。

何かを引きずる音が聞こえた。さっきまで後ろを歩く人の気配もなかった筈なのに。

得体は知れないが、このまま走り出しても追いつかれるのは間違いないだろう。ならばせめて姿だけでも…

振り返ろうとした時、青白い光が目の前を駆け抜けていった。

「何!?今の!!」

慌てて振り向くも、光は遥か遠くに消えていき、後ろいたであろう何かも姿を消していた。

 

「ただいま」

少しタイムロスはしたものの、何とか日付が変わる前に帰宅する事ができた。ラインが来ないということはジンのお説教もなしということだ。

「ふう。なんか無駄に疲れた…」

結局、怖くてダッシュで帰宅したため、余分な汗までかいてしまった。

休みたい気持ちを抑えて、シャワーを浴びる。汗で冷えた肌に心地よい暖かさが生きてる実感を湧かせる。もし振り返っていたらと思うと尚更だ。

「あれって結局…」

なんだったんだろうか。姿すら見てない物を探せもしないが、このままでは後味が悪い。

「おばけ?妖怪?怪談…とか?っていっても手がかりもないし判別つかないなぁ…」

ネットで調べるにしても、検索ワードが少なすぎてそれらしいのはヒットしないだろう。そう考えると、探すだけ無駄かも知れない。

「ああ、もう!!忘れよう!それしかない!」

湯船に深く浸かり、天井を見つめる。物心ついた時からこうやって過ごしてきた。多分何かで見た真似なんだろうけど、不思議と効くので重宝している。

 

風呂上がり、携帯を確認するとジンから連絡が入っていた。

「あそこは通るな…ってお見通し!?なんで!」

慌てて返信を打つ。周りに人気はなかったし、家からじゃ公園抜けたか大通りを通ったかなんてわからないし、まさか…

「たまたま入るところを見た…かぁ、びっくりした〜もう驚かせて」

こっちは怖い思いしたってのに。近くにいたら一緒に帰ってくれれば良かったじゃんか!

「バイト中だった…なら仕方ないか…もうしませんっと」

変なこと考えた自分が恥ずかしい。自覚してたよりも自意識過剰なのかも知れない。

モヤついた気持ちを整理するために布団に潜り込んだ。整理つかないときは寝るに限る。明日にはきっと全部スッキリしてるだろうから。

 

「ふう。危なかったぜ…さすがにトンネルですれ違ったなんて言えないからな。危ない目に巻き込みたくはないし」

ケータイを閉じ、ベッドに横になる。それにしても最近数が増えてきてるのは明らかだ。よくわからない連中と鉢合わせになることも増えたし、なんとかなってくれればいいんだけど。

「自分でどうにかするしかないよなぁ…」

せめて一日でも長く、平和な日々を。仮初めでも泣かせないですむように。

「明日は何もないと良いけどなあ…」

電気を消すと、ゆっくりと眠りについた。

自己紹介[アペンド版]

地球防衛軍 第2広報課 広報担当 アキ(♀)

主な活動内容

ツイッター、ブログの投稿。

・購入報告、活動報告。

ひとことコメント

「どもっ!第2広報課 広報担当のアキですっ!!知識は浅く広くですが、仲良くして下さいっ!!」

 

地球防衛軍 第2広報課 回収担当 トーマ(♂)

主な活動内容

・対象の店頭購入。

・中古屋の巡回。

ひとことコメント

「どーも。第2広報課 回収担当 トーマだ。特撮トークの出来る彼女が欲しい。」

 

地球防衛軍 第2広報課 情報担当 ロゼ (♀)

主な活動内容

・新商品の情報収集。

・イベント及びキャンペーン情報収集。

ひとことコメント

「どうも。第2広報課 情報担当 ロゼだよ。基本的に表に出てくることはないけど、呼んでくれたら反応するから。よろしく」

 

作品詳細 及び 世界観

f:id:Xlover02NeoS:20170413235358g:image○作品詳細○

・放送期間

2006年04月08日〜2007年03月31日(全50話)

・解説

ウルトラマンシリーズ誕生40周年期間作品として、「ウルトラマン」〜「ウルトラマン80」までの世界観を全て同一時間軸上に置いた世界観のもと、歴代のウルトラマン達や人気怪獣達も多数登場する。

特に第二期ウルトラシリーズのキャラクターに焦点が当てられ、過去作品のさらなる掘り起こしに成功した。

 

○世界観○

ウルトラマン80が地球を去って25年。

平和が続いていた地球に、突如怪獣が飛来する。防衛チームCREW GUYSが出撃するも、歯が立たず全滅してしまう。

そんな危機的状況を打開したのは若き宇宙警備隊員 ウルトラマンメビウスだった。

 

墨絵スイング03、遂に入手!!

どーもっ!! 広報課 広報担当のアキですっ!!

本日はですねぇ〜、私用がありましてなんと!ウルトラマンCLUB名古屋へ行って参りましたっ!!

f:id:Xlover02NeoS:20170413223330j:image

(写真撮ったつもりがマトモなのがない…)

そこで遂に見つけたんですよ、ウルトラマン 墨絵スイング03!!最後の要でしたが、やはりウルトラマンCLUB、たくさん置いてありましたw

 

ってなわけで、キャンペーンに参加する為にノーマル10個or金1個が出るまで回す事に!!

 

(画像は無いのですが)1回目&2回目は、なんと連続でキングジョー…最速の被りにちょい凹み。ですがめげずに3回目!!

f:id:Xlover02NeoS:20170413223834j:image

シルバーブルーメ!!マッキー二号を咥えた衝撃的な姿で立体化!!不気味な見た目もデフォルメされると少し可愛いかも!?

そして4回目!これは10連コースと覚悟を決めたその瞬間!!

f:id:Xlover02NeoS:20170413224142j:image

ウルトラマンティガさん!!しかもキラキラ!!

昨晩寝れずに劇場版ウルトラマンダイナ&ティガ見たばかりだったのも相まって感動の涙。゚(゚´ω`゚)゚。

 

というわけで、金が出たので今回は引き上げに。コンプするにはお金がかかるので、少し我慢。もう少し稼げる仕事についたら、集めそこなった分も合わせて回収したいなぁ〜

 

ついでに、グッズを物色…お金ないのが辛いくらい欲しいものがいっぱい><

指人形は沼だと思ったのであえて買わずに帰る事に。

ですが、どうしてもくじが引きたくなり1回だけチャレンジ!

f:id:Xlover02NeoS:20170413225057j:image

結果はH賞のバルタン星人でした〜

今回もどれも欲しいものばかりだったので、バッチグーですっ(`・ω・´)

 

と、行った具合に限られた資金と時間でまあまあ遊ばせてもらいました〜

次に行くときは、しっかり軍資金を確保してから行きたいですねぇ〜

 

というわけで、今回は以上!!また活動しましたら報告あげますねっ!!それでは!!

ULTRAMAN ▶︎REGULAR

f:id:Xlover02NeoS:20170408011235g:image

ウルトラマンメビウス

○SPEC○

身長:49m  体重:35,000t 年齢:6800歳

飛行速度:マッハ10 

出身地:M78星雲 光の国

必殺技:メビュームシュート 他

地球での姿:ヒビノ・ミライ(擬態)

変身アイテム:メビウスブレス

【宇宙警備隊】の若きルーキー。戦いながら友情を学び、めざましい成長を遂げる。

 

 

ウルトラマンヒカリ

○SPEC○
身長:50m 体重:35,000t 年齢:22000歳
飛行速度:マッハ10
出身地:M78星雲 光の国
必殺技:ナイトシュート 他
地球での姿:セリザワ・カズヤ(一体化)
変身アイテム:ナイトブレス

 

【宇宙科学技術局】に所属していた科学者で、のちに【宇宙警備隊】の戦士となった。

 

 

【ハンターナイトツルギ】

○SPEC○
ウルトラマンヒカリと同等

 

復讐の鎧【アーブギア】を身に纏ったヒカリ本人。ボガール殲滅のため地球を訪れた。

 

☆アキ所感

メビウスは、可愛い後輩気質なウルトラマン。元気と笑顔が取り柄で、人を疑わない所為で酷い目にあったこともあるけど、それでも他人を疑ったりしない熱い性格の持ち主。人間慣れしておらず、たまに的外れな行動もするが、可愛いから許せる。 

 

ヒカリは、大人な科学者ってイメージ。クールで余計な感情を出さないが、信念を貫く漢。ボガール殲滅の際は、普段出さない分が爆発した感じかな?年齢がゾフィーと同じと言うこともあってか、メビウスの兄のような安心感がある。

 

新企画、始動!!

どーもっ!第2広報課 広報担当 アキですっ!

「私はウルトラマンエックス。よろしくなっ!」

と、もうご存知の方も多いと思いますので、詳しい自己紹介は省いて、早速進めていきたいと思いますっ!

「無愛想な宇宙人と思われないか?」

多分大丈夫ですよっ!皆さん理解ある優しい人たちだと思うのでっ!

 

では、簡潔にお伝えしますが、私たちなりにウルトラマンやヒーローの良いところを皆さんにお伝えするためにまとめ記事(のようなもの)を書いていきたいと思いますっ!

「私達みんなで書いていくから、是非読んでくれ!!」

よろしくお願いしますっ!

 

あっ、でもあくまで個人サイトなのをお忘れなくっ!私達の所感で書き連ねてくものなので、お見苦しい点もあるとは思いますが、暖かく見守って下さいっ!

 

それでは、記念すべき第1作目は【ウルトラシリーズ40周年記念作品 ウルトラマンメビウス】を予定してますので、どうぞお楽しみにっ!